結婚式を現実のものにしているのです!

そしてすぐに男の隣に立って男に挨拶を始めました。


「それは少し面倒ですが、一晩中私にはかかりません。仕事が終わったら、私は自然にベッドに戻って寝るべきです!」
男は女を見ました、そして、彼は女の質問に非常に冷静に答えました。
「しかし、どうしてここで直接眠ることができるのですか!」

「これは私の寝室です、これは私のベッドです。私はここで寝ません、どこで寝ますか?ええと」

「しかし、どうしてあなたは私を起こさないのですか?」

彼女を起こしなさい、男がベッドで寝なければならないならば、それはソファーで寝に行くのは大丈夫です!

「あなたはとても優しく眠りました、どうして私はあなたを目覚めさせても構わないと思っています!」

女の涙、つまり彼女が寝た方法は、男に見せてもらいましょう!彼女の眠気は見えにくくないですか?あなたは夢を見ますか?下品な行動はありますか?ムハオは突然頭脳に満ちていることはそのような問題です!こんにちは、今こそこれらの問題に巻き込まれる時間ではありません!女は彼の心の中で自分自身を数回殴打した。
「あなたがあなたのベッドで寝ることに慣れているならば、あなたは私を起こすことができます。私がソファで寝るかどうかは関係ありません!」
たとえこの人のアイデンティティが彼女の法的な夫であったとしても、突然目の前で目を覚まし、すぐに目を覚ます、システムはまだそうする準備ができていません。緊張します。
ちょっと!

男は女を見て道路を召喚し、元々女の腰を取っていた手が突然女を彼の位置に引っ張ることを余儀なくされた。彼は一組の手になり賞賛された。女が彼の体に近づく瞬間を感じることができた、女の全身は少し硬いように見えたが、それでも彼の手はリラックスしなかった。


合計4同じベッドに小さなスクワット、私たちは夫と妻です、あなたは夫と妻がお互いに仲良くすることは正常であることを知っておくべきです。私たちは私たちの間の親密に慣れるべきです!
男がこれらの言葉を言ったとき、彼の目はいつも女の体にしっかりと向けられていました、そして、彼女は痕跡で逃げることを許されませんでした。女氏はまた、男の態度が非常に深刻になっていることを知って、男の態度がやや深刻であることを知った。男が言ったとき、彼女は彼女が本当にそれを受け入れ始めたとき、彼女はまだ緊張するであろうということを彼女が彼女自身の心の中に自分自身でさえ思い出したことを理解しました!私は知っています、ちょうど、多分、彼女はまだいくらかの時間を必要とします、しかし、彼女が直面している人は男です、多分この時間は彼女が想像したより短いでしょう。

 

婚約者の女に戻ってノックしながら

「安心して、私はあなたに何かをすることを強制しないでください、私はあなたに適応する時間を与えます!」
しかし、彼は女がこのように脱出し続けることを許さないでしょう!男の言葉は女に安心感を与えたようであり、そして彼女のきつい体は徐々に緩やかになり、そして彼女の心の不安は次第に落ち着いた。そう、男はいつも彼女を尊敬していたので彼女は彼女を強制したことは一度もありませんでした。また、男は正しいです、彼らはすでに夫と妻です、いくつかのことは、すぐに起こるはずである、彼女は常に逃げることはできないので、それは男には公平ではありません。
「ええ、私は知っています、私はできるだけ早く適応します!」
彼ができるだけ早く適応することを示すために、女も男の腰に手を伸ばして抱きしめたようです。

女の動きは非常にカキですが、男でも彼の腰についた新しい手はまだわずかに揺れていると感じることができますが、これは確かに女の大きな進歩です!さらに、最も重要なことは、女のこのアクションが男を喜ばせるのに非常に良いということです!
「ああ、そうだとしたら、しばらく一緒に寝てね。昨日遅く寝て、今はちょっと眠い」
話したとき、男は単に目を閉じたが、片方の手で女を保持し、もう一方の手で彼女の半分を開いたままにした。キルトは覆われていた後、ムハムの体に戻った。
「ああ、もう7時だ。起き上がろうか?」

もしそれが家にあるなら、それは考慮されるでしょう、しかし今彼らは男拓真の古い家にいます、彼女がうまく振る舞うべきではないですか?それが遅すぎるならば、家族の長老たちがそれを好きではないようにしませんか?しかし、ミューさんはこれを言ったが、グー・ユチェンの後ろの言葉を聞いた後、彼は彼に幾分苦痛を感じていた。彼が昨夜何時に寝ていたのか私にはわかりません。彼が今何をしているのかを見ると、本当に眠いようです!当時、女は完全に忘れていた彼らが別荘に住んでいたとき、男は毎日非常に早起きしていましたが、このとき男はたいてい朝のエクササイズをすることができます。ああ!

結婚相手が家で休むことができるのを待つことができないので

花嫁の顔の表情はすぐに少し収束します。彼女が周りにいるからです!
ねえ、眠れ!
男は目を閉じていびきの動きに目を向けましたが、目はまだ閉じていて開いていませんでした。さもなければ、あなたは言い続けます、私は最初に起きます、そして、私がそれについて話し終えていないならば、私は男のキスによって連れ去られます。男が突然キスをしたことで女の目が大きく開かれるようになったが、すぐ近くにいた男の目はまだ閉じていた。このキスは前の庭でのキスとはまったく違います。おそらくシーン、ベッドのせいで、常に特別な協会が生まれます。現時点では、女にキスをしている男はもっと感情的です。
女の最初の驚きだけでなく、徐々に従順になった、男のキス、彼は嫌いではありません、そして、彼女はちょうど彼に約束し、できるだけ早く適応するでしょう、そうではありません!それらの間のキスに適応する、それが最も基本的であるべきではありません!男はもともと女のスピーチの声を懲罰的に罰したいと思っていましたが、女の唇にキスをした直後は、物事は彼の管理下にはないようです。特に、女の従順は、男に関する限りでは、触媒のようなものであり、女への男のキスも深くなっています。女の手を握っていても、彼は女の背中をわずかに上流に向かって歩き始めました。こんにちは、女は男の動きを感じているようだ、そして彼は叫ぶしかなかったし、彼女のオープニングは男にチャンスを与えたばかりです。

唇と舌がまっすぐに飛んできて、すぐにミュユの口の中で街を攻撃し始めました、それがどのように立ち上がることができるか、祭りの後退の下で、男はキスをしました、そして、キスは多少混乱し始めました。彼は西です。手に負えないほど、コンディショニングされ、男の首まで届いたとしても、これは彼女をより快適にさせることができるようです!
女の動きによって明らかに男はさらに興奮しましたが、彼の動きはより穏やかになり、彼を傷つけることを恐れているようだった。興奮した感情は、優しい扱いは、最初の衝撃から女は、それは男のリズムに徐々に追いつくことができるようです。女の体の下では、彼が何か難しいことに遭遇したように見えるまで、女は即座に目が覚めた。女は叫んで、彼女が遭遇したかもしれないことについて考えて男を押しのけました、女の頬は赤く、男を見ると恥ずかしがり屋で怒っていました!
女に押しのけられた男は、女をおびえさせることが自然であることに自然に気付いたため、女を魅力的にしすぎたのは早朝のことでした。
「それで、あなたはしばらく眠り続けます、私は最初に起きて、私が準備する必要がある何かがあるかどうか確かめます!」


花嫁の顔の表情はすぐに少し収束します。 そうでなければあなたは事前に予約をする必要があります! 結婚相手は彼の口の中でこれを言ったが

結婚契約を交わした後に始まった

結婚相手は彼が幸せであるべきかどうかわからないと述べました。

女の注目は拓真と女の両方にあり、女の目を感じた後、彼女は頭を向けて彼女を見ましたが、女の葵の心への妨害はすぐ隣にはありませんでした。何が、彼女の目だけでなく、男に彼女の意味を理解させます。彼女は彼が彼の母親と仲良くし、彼の母親と一緒に食事をする気持ちを感じるようにするためにとてもしました!彼は当然のことながら、彼女は自分を失望させず、そして自分自身を後悔させないことを理解しています。成人の頃から、男は男拓真の古い家に住んでいませんでしたが、彼はいつもシンプルでエレガントな状況を心配していました、そして彼は自然に彼の簡単な食事の好みについて非常に明確でした。箸を広げてシンプルで大好きな料理を選び、長い間空中にいた後、男は拾った料理を葵の前のボウルに入れるためだけに勇気を出しました。
葵は、女のクリップに自分のクリップが入っていると思ったので、興奮して過去を見たかったのですが、皿の手が違う方向から来ているように見えました。皿を持っている手が続いて、男を見ていた。
「お母さん、これはあなたのお気に入りの甘酸っぱい豚カルビです、もっと食べましょう!」

男は自分の声が震えるのを避けるために少しだけそれを制御しようとしましたが、葵が彼を見上げていたとき、男の心は非常に緊張していました。彼の母親は彼が彼女に与えた食物を食べますか?葵は男を見て、ボウルの肋骨を見て、さらに女を見ても、最終的に彼女の目は男に戻った。ジェーンの唇は動いたが、何も言わずに頭を下げて静かに箸を広げたが、箸が広がる方向は向いていたが、それは彼女の目の前のご飯ではなく、目の前のご飯であった。ロードディッシュ

シンプルでエレガントな動きで、男の外観は即座に変わりました。母、彼女は、彼が切り取った食べ物を食べたくないのですか?


彼女の母親の珍しい写真は、これは彼が彼女に与えた食物を食べたくないということですか?
この種の考えは、男の心を極端に苦くしました。彼の母親は、たとえ彼が彼女に与えた食べ物でも、喜んで食べようとしていないという事実は、とても悲しくて恥ずかしいことです!しかし、男のような感情は長続きしませんでした、すぐに、シンプルでエレガントな行動は彼を驚かせて驚かせました。葵は箸を広げてテーブルの上の皿に拾い、最後に一切れの魚を拾い上げましたが、単なる心のこもった魚の後はボウルに入れませんでした。男の前のボウルで、彼は男を見て微笑みました。

もっと食べられるよ
葵の言葉が男の言葉の上にあると、私の心は少しぎこちなくなっているように思われるので、私はすぐに女を見ましたが、私はまだ彼女の男を見ましたが、落ち着きはありません。彼の母親はちょうど彼と話しましたか?また、私はまた彼に料理を与え、さらに彼にもっと食べるように言った?これは本当ですか、それとも彼は夢を見ていますか。

 

結婚式を負っている!

その下にぶら下がった手が拳を握りしめ、男が少し苦痛を感じた。そして彼は本当に起こったことはすべて本当だと確信した。彼が夢見ていたのではない!突然、私の心の中のエクスタシーが現れて、ボウルの中に横たわっている魚を見ました。幸いなことに、現時点で、葵は女を検討するように頭を向けました、さもなければ彼は男の反応に怖いかもしれません!しかし、葵は男の反応を見逃していましたが、女はそれを見逃していませんでしたが、彼女は男の顔の興奮を見て、選んだ選択が正しいことを知っていました!
私の心は幸せだった、ムハオは突然彼の携帯電話が鳴ったことを聞いた、ジェーン愛梨を見て、そして男を見て、彼女はそれがこれらの二人が一人でいる機会は悪くないと思われるので携帯電話が立ち上がった。
「私は外出して電話を取ります。あなたは最初にそれを食べるでしょう。私はすぐに戻ってくるでしょう!」
その後、女が起きて部屋から出て行ったところ、葵はこの小さな始まりに非常に依存していて信頼されていることがわかりました。男さえ完全に無視されました。
葵は男の記憶がないようですが、女が葵に男が彼女の息子であることを思い出させた後、男が料理を出した後、彼女は男に料理を与えることができます。女は、葵の心の中で、男も気にかけなければならないと考えています。

彼がジェーンを見て少し興奮しているが、少なくとも彼は何も言うことができませんが、部屋を出る女を見ると、この時間の後、彼の感情は非常に落ち着いています。
「お母さん、もっと食べなさい、健康のために野菜を食べなさい」
。葵の心の前の反応は明らかに男に非常に心強いもので、葵にもう一度料理を与えました、そして以前の恥ずかしさはありませんでした。女のように、彼はすでに食べました、当然彼は空腹ではありません、それで食べ物に簡単な心を与えた後、彼は

葵を見ています。葵も男の目を見て、男の目に期待を感じ、男がくれた料理に激突したようです。

婚姻には大きな理解があります。

結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが男は葵を見てクリップを続け、葵も美味しい食事をしましたが、最終的にはほとんど食事をしたように見え、男を見て首を横に振った。
ぬいぐるみ

「お母さんはもう少しスープを飲みたいですか。」

男は、テーブルがまだ美味しいチキンスープであることに気付き、葵の薄くて弱い体を見ていましたが、以前は葵と話す機会がなかったので、このような機会を得るのは困難です。ジェーンの世話をする。葵はもともと頭を振ることを望んでいましたが、振り向くと男の顔を見たので、口に出たとき何も言わず、男を見てうなずいた。彼女は目の前にはこの人物の記憶がないようですが、悠真はこの人物は彼女の息子であり、彼女の心はこの人物に本当になじみがあるように見えます。断ることはできません、この人が本当に彼女の息子であるというのは本当ですか?悠真氏は、記憶を失ったと述べ、本当に多くのことを忘れましたか。

「あなた、それは本当に私の息子ですか?」
ジェーン愛梨はそれについて考えるのを懸命に試みました、しかし、ちょうど彼女の頭が少しめまいであると思った、しかし、彼女は何も考えませんでした彼女にスープを与えた男を見て、葵は突然尋ねました。

男は大翔の手を振って外側にスープを振りかけ、スープのスプーンを置いて、葵の前にスープの小鉢を置き、笑顔でうなずいた。
「お母さん、もちろん、私の息子、あなたが今私を覚えているかどうかに関係なく、私はあなたの息子になります!お母さん、あなたは安心できます、私はあなたを治す方法を見つけるでしょう!」
そのような考えで、男の心は常にそこにありました、彼がシンプルでエレガントな外観を見るたびに、彼は彼の心に非常に苦痛を覚えています。しかしそれは非常に強力になりました。
私が母の世話をした後は、ほんの一瞬でさえも私の人生において消えないマークになるでしょう!そして、彼はそのような印をつけ続けたいです!女が受け取った電話は重要な電話ではなく、学校のクラスメートがインターンシップについて学校に知らせただけで、朝の広告ですでにインターンシップを受けている彼女にとっては、ほとんど無視できます。電話を受けた後、女は部屋に戻り、女は同時にそれを見ました、すなわち、葵は愚かな方法でスープを飲んでいましたが、男は優しい表情で葵を見ました。


結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが 結婚指輪の修理 結婚式を現実のものにしているのです!

花嫁のを見になった。

結婚相手はもっと面倒かもしれません!

男は、女が彼の家族、特に母親の状況がそれを嫌わないと思うかどうか尋ねなかった女の反応を見て、この質問に対する答えは長い間問題にならなくなった!彼はとてもラッキーなのでとても美しい女の子と出会えます!おじいちゃんとママがそれらを見るための時間を見つけよう!
今結婚式をやっていないことは不満です、それで儀式の数は少なすぎません!しかし、私の母の状況は特別です、方法がないかもしれません、


10倍の補償は時間を見つけるために来ました、おじいちゃんと両親にそれらを見させます!今結婚式をやっていないことは不満です、それで儀式の数は少なすぎません!しかし、私の母の状況は特別であり、仕方がないかもしれません。男は、家族が元気になれると信じていますが、母親の状況は家を出るのには適していません。
「私の母は知っています、私の両親は気にしないと思います、ありがとう、ありがとう!」

女は、男がこのようにして不当な扱いを受けないようにしたことを知っていますが、そうでなければ、そのような取り決めについて言及するために率先して取り組む必要はありませんでした。男の母親が前進できないことに関しては、女は彼の両親は合理的な人々であると信じており、もちろん気にしないでください!実際、悠人が女と結婚相手の両親に会うように頼む前に、悠人夫婦がこの問題について心配していた理由が、彼らは彼らの娘が彼らの家で無視され、間違ったここですべてがうまくいっていることを彼らに知らせるだけで、目標が達成されるでしょう。

「まあ、私はそれを言って、それを忘れましたか?」
男は女を見たが、彼は眉をひそめて眉をひそめたが、彼は言ったことに不満を持っているようだった。女は驚いて、すぐに答えた、男は彼女がちょうど言ったことに不満を持っています。

「さて、それは私のせいです、私は将来それを再びするつもりはない!」
男は彼女に彼にお礼を言う必要はないと言ったが、彼女の心の中で、彼女は本当に男に感謝した。男は彼女に言わせないので、その後、彼女は将来的に彼女の心に隠されるでしょう!一般的に、男に対する彼女の感謝の気持ちは変わりません!
これはほとんど同じですね
男は言った、彼の顔もまた彼の笑顔を回復し、そして彼は手を伸ばしてそして彼の髪をなでた。そのような行動はそれらの2つの間で最も近いわけではありませんが、今、彼らはそのような小さなスペースの中で車の中にいます、女はまだ少し恥ずかしがり屋を感じますが、ありません以前のように男の近さを避けます。

 

花嫁のを助ける方法はありますか?

彼女はできるだけ早く適応すると約束した、そうではありません!さらに、女の最も内なる心であるそのような良い男は彼のアプローチに抵抗しませんが、かすかに、それは喜びのタッチを持っているようです。月曜の朝、女は男の乗車に乗って会社に到着した。
最初は、彼女はまだ彼女がいくつかの問題を抱えていると感じました、男、しかし今彼女は非常に自然に感じ始めました。男の目で見て、それは進歩の一種ではありません!

男が会社を訪問した後、女は会社の中でも大した人ではありませんが、少なくとも彼女は彼女のことを知っています。今すぐ!彼女を知っている人が多ければ多いほど、彼女のことを気にしている人が増えれば増えるほど、彼女に何が起きたのかを話した人が増えます。
「女、誰かがあなたを探しています、今受付で待っています、あなたは行っています!」

女は会議室から出て、今日の仕事の手配を始めました彼はただ彼の立場に座り、誰かが彼女に話しかけました。誰かが彼女に会いに来たの?彼女が何人いるのかわからないのですが、突然彼女を見つけるために誰かが会社にやってくるのですか。それはその男でしょうか?それが男であるならば、会社の誰もがそれを知ることは不可能です!報告に来たこの女性の同僚の様子を見ると、男であることは不可能です!私はしばらく考えていましたが、結果については考えていませんでしたので、あまり考えすぎないようにしました。
レセプションルームに入ると、そこに立っている人がいますし、それでもまだ男ですが、女性の同僚が話をした後に何度か目を離さなかったのは不思議ではありません。
あなたは私を探していますか?
他の人は女に直面しています、そして女はその人が彼女に直面している人を見ることができません、そして彼は尋ねることができるだけです。女の声を聞きながら、背中を向けた男はすぐに振り向いて微笑んで女に言いましたが、発言の中で女を尊重することは難しくありません。
「ミューさん、こんにちは、私は愛梨の会長の助手です、私の姓は龍之介です。今日あなたを探しています。それは私にあなたに何かを送るように依頼した夏の会長です。」

結婚相手はまだ花嫁が懸念を抱いており

そうでなければあなたは事前に予約をする必要があります!女がその男が自分の方を向くようになったのを見たとき、彼女はこの人を知らないべきだと決心しました。相手方の紹介を聞いた後、女は額を少し上げました。夏の会長?彼女が知っている人々の中で、愛梨の会長と呼ばれることができるのは、悠真の父、悠真結愛だけであるべきです!しかし、彼女は夏結婚相手の結愛との交差点を持ったことがありませんでした。悠真のようになるのは難しいです、なぜなら大翔は彼女に伝えたいのですか?このように考えると、女の顔は即座に醜くなりました。悠真結愛がお金を持っている権利を持っていても、彼女の私的な事柄、彼の指先は何です!

「私は愛梨会長との関係の一面にすぎなかったことを私は覚えています。関係はありませんでした。愛梨氏はどうやって私に引き渡すことができますか?あなたは誤解されないでしょう!」
彼女はまだ相手の本当の意図を決定する前に、不愉快なことは何も言わないでしょう。
女さんは、忘れられているかもしれません前回の愛莉さんと結婚相手のさんの結婚式で、女さんの服装は破棄されました結婚相手のさんは、女さんの服装を補償することを約束しました手数料は、夏の会長から支払われました。愛梨の会長にドレス補償を送ることです!劉という名前の助手の言葉の後、女はすでに幾分気絶していますねえ、彼女は間違って考えていますか?夏の議長は彼女の問題を見つけるのではなく、お金を失うために来ていません!彼女は最近悠真の人気に多少圧倒されており、それらと関係がある人は彼女を緊張させるでしょう!どうしたら、夏の会長はどうやって直接彼女に報酬を言うことができるのですか?

女は、この問題は、男がそれに対処すると考えていましたが、結局、そのときの体はすべて男が彼女のために用意したものです。さらに、彼女が正しく覚えていれば、龍之介の死の約束は10倍の補償であったので、どれだけのお金が彼女の手に渡されるのでしょう。
「なぜ愛梨会長が私を捜すのか、そして男と話すべきではないのはなぜですか。」

「女さん、私は夏の会長の指示を受けたばかりで、夏の会長は服装補償をあなたに引き渡すことになっています、それから私はあなたにそれを引き渡すことしかできません!男に関しては、私はそれを見る資格がないでしょう。お願いだから」



女さん、私は夏の会長の指示を受けました、そして夏の会長は服装補償をあなたに引き渡すことになっています、そして私はあなたにそれを引き渡すことができるだけです!男に関しては、私はまだ資格は見られません!」
劉さんのアシスタントはどうしようもないようですが、彼は男を探す勇気を持っていますさらに、彼らの夏の会長は彼に彼を称賛させてくれました。そのうえ、彼はその日の悠真と大翔の結婚式で何が起こったのかについてもっと聞いたことがありましたが、その時の状況によると、彼の前の女性は気分を害します。


そうでなければあなたは事前に予約をする必要があります! 結婚していますが 結婚式を見ることができますプロポーズの心は実際に非常に満足です!