結婚契約を交わした後に始まった

結婚相手は彼が幸せであるべきかどうかわからないと述べました。

女の注目は拓真と女の両方にあり、女の目を感じた後、彼女は頭を向けて彼女を見ましたが、女の葵の心への妨害はすぐ隣にはありませんでした。何が、彼女の目だけでなく、男に彼女の意味を理解させます。彼女は彼が彼の母親と仲良くし、彼の母親と一緒に食事をする気持ちを感じるようにするためにとてもしました!彼は当然のことながら、彼女は自分を失望させず、そして自分自身を後悔させないことを理解しています。成人の頃から、男は男拓真の古い家に住んでいませんでしたが、彼はいつもシンプルでエレガントな状況を心配していました、そして彼は自然に彼の簡単な食事の好みについて非常に明確でした。箸を広げてシンプルで大好きな料理を選び、長い間空中にいた後、男は拾った料理を葵の前のボウルに入れるためだけに勇気を出しました。
葵は、女のクリップに自分のクリップが入っていると思ったので、興奮して過去を見たかったのですが、皿の手が違う方向から来ているように見えました。皿を持っている手が続いて、男を見ていた。
「お母さん、これはあなたのお気に入りの甘酸っぱい豚カルビです、もっと食べましょう!」

男は自分の声が震えるのを避けるために少しだけそれを制御しようとしましたが、葵が彼を見上げていたとき、男の心は非常に緊張していました。彼の母親は彼が彼女に与えた食物を食べますか?葵は男を見て、ボウルの肋骨を見て、さらに女を見ても、最終的に彼女の目は男に戻った。ジェーンの唇は動いたが、何も言わずに頭を下げて静かに箸を広げたが、箸が広がる方向は向いていたが、それは彼女の目の前のご飯ではなく、目の前のご飯であった。ロードディッシュ

シンプルでエレガントな動きで、男の外観は即座に変わりました。母、彼女は、彼が切り取った食べ物を食べたくないのですか?


彼女の母親の珍しい写真は、これは彼が彼女に与えた食物を食べたくないということですか?
この種の考えは、男の心を極端に苦くしました。彼の母親は、たとえ彼が彼女に与えた食べ物でも、喜んで食べようとしていないという事実は、とても悲しくて恥ずかしいことです!しかし、男のような感情は長続きしませんでした、すぐに、シンプルでエレガントな行動は彼を驚かせて驚かせました。葵は箸を広げてテーブルの上の皿に拾い、最後に一切れの魚を拾い上げましたが、単なる心のこもった魚の後はボウルに入れませんでした。男の前のボウルで、彼は男を見て微笑みました。

もっと食べられるよ
葵の言葉が男の言葉の上にあると、私の心は少しぎこちなくなっているように思われるので、私はすぐに女を見ましたが、私はまだ彼女の男を見ましたが、落ち着きはありません。彼の母親はちょうど彼と話しましたか?また、私はまた彼に料理を与え、さらに彼にもっと食べるように言った?これは本当ですか、それとも彼は夢を見ていますか。

 

結婚式を負っている!

その下にぶら下がった手が拳を握りしめ、男が少し苦痛を感じた。そして彼は本当に起こったことはすべて本当だと確信した。彼が夢見ていたのではない!突然、私の心の中のエクスタシーが現れて、ボウルの中に横たわっている魚を見ました。幸いなことに、現時点で、葵は女を検討するように頭を向けました、さもなければ彼は男の反応に怖いかもしれません!しかし、葵は男の反応を見逃していましたが、女はそれを見逃していませんでしたが、彼女は男の顔の興奮を見て、選んだ選択が正しいことを知っていました!
私の心は幸せだった、ムハオは突然彼の携帯電話が鳴ったことを聞いた、ジェーン愛梨を見て、そして男を見て、彼女はそれがこれらの二人が一人でいる機会は悪くないと思われるので携帯電話が立ち上がった。
「私は外出して電話を取ります。あなたは最初にそれを食べるでしょう。私はすぐに戻ってくるでしょう!」
その後、女が起きて部屋から出て行ったところ、葵はこの小さな始まりに非常に依存していて信頼されていることがわかりました。男さえ完全に無視されました。
葵は男の記憶がないようですが、女が葵に男が彼女の息子であることを思い出させた後、男が料理を出した後、彼女は男に料理を与えることができます。女は、葵の心の中で、男も気にかけなければならないと考えています。

彼がジェーンを見て少し興奮しているが、少なくとも彼は何も言うことができませんが、部屋を出る女を見ると、この時間の後、彼の感情は非常に落ち着いています。
「お母さん、もっと食べなさい、健康のために野菜を食べなさい」
。葵の心の前の反応は明らかに男に非常に心強いもので、葵にもう一度料理を与えました、そして以前の恥ずかしさはありませんでした。女のように、彼はすでに食べました、当然彼は空腹ではありません、それで食べ物に簡単な心を与えた後、彼は

葵を見ています。葵も男の目を見て、男の目に期待を感じ、男がくれた料理に激突したようです。

婚姻には大きな理解があります。

結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが男は葵を見てクリップを続け、葵も美味しい食事をしましたが、最終的にはほとんど食事をしたように見え、男を見て首を横に振った。
ぬいぐるみ

「お母さんはもう少しスープを飲みたいですか。」

男は、テーブルがまだ美味しいチキンスープであることに気付き、葵の薄くて弱い体を見ていましたが、以前は葵と話す機会がなかったので、このような機会を得るのは困難です。ジェーンの世話をする。葵はもともと頭を振ることを望んでいましたが、振り向くと男の顔を見たので、口に出たとき何も言わず、男を見てうなずいた。彼女は目の前にはこの人物の記憶がないようですが、悠真はこの人物は彼女の息子であり、彼女の心はこの人物に本当になじみがあるように見えます。断ることはできません、この人が本当に彼女の息子であるというのは本当ですか?悠真氏は、記憶を失ったと述べ、本当に多くのことを忘れましたか。

「あなた、それは本当に私の息子ですか?」
ジェーン愛梨はそれについて考えるのを懸命に試みました、しかし、ちょうど彼女の頭が少しめまいであると思った、しかし、彼女は何も考えませんでした彼女にスープを与えた男を見て、葵は突然尋ねました。

男は大翔の手を振って外側にスープを振りかけ、スープのスプーンを置いて、葵の前にスープの小鉢を置き、笑顔でうなずいた。
「お母さん、もちろん、私の息子、あなたが今私を覚えているかどうかに関係なく、私はあなたの息子になります!お母さん、あなたは安心できます、私はあなたを治す方法を見つけるでしょう!」
そのような考えで、男の心は常にそこにありました、彼がシンプルでエレガントな外観を見るたびに、彼は彼の心に非常に苦痛を覚えています。しかしそれは非常に強力になりました。
私が母の世話をした後は、ほんの一瞬でさえも私の人生において消えないマークになるでしょう!そして、彼はそのような印をつけ続けたいです!女が受け取った電話は重要な電話ではなく、学校のクラスメートがインターンシップについて学校に知らせただけで、朝の広告ですでにインターンシップを受けている彼女にとっては、ほとんど無視できます。電話を受けた後、女は部屋に戻り、女は同時にそれを見ました、すなわち、葵は愚かな方法でスープを飲んでいましたが、男は優しい表情で葵を見ました。


結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが 結婚指輪の修理 結婚式を現実のものにしているのです!

結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが

そしてすぐに続いた。

陽翔は残しましたが、女はまだやや恥ずかしいです、陽翔の家庭教師は非常に厳格なようだ、彼女はちょうど丁結婚相手のと男の前であくびをした、丁寧なパフォーマンスをするべきではありません!区ゆうは怒っているように見えないが、多くはまだ少し恥ずかしいです。男は女の赤い顔を見たところ、彼がその少女が何を考えているのかを知っていたかもしれませんが、気にはしていませんでした。
「あなたは眠いですか、それから休みに行きましょう!」
女はうなずいた、そして彼女の心のいくつかは幸運だった、男は彼女のあくびについて言及しなかった、そうでなければ、彼女はさらに恥ずかしいだろう。
男はすでに男の部屋の場所について女に具体的に話していました、そして男のリードで、新しい性質はうまくいかないでしょう。しかし、男の部屋を見て、中にある唯一の大きなベッドを見た後、女の心は再び必然的に緊張しました。たとえ私が以前精神的に構築していたとしても、実際にこのシーンに到達した後でも、賞賛の後、以前考えたものは役に立たないのです!緊張、彼女はまだ緊張するでしょう!今晩、男に何が起こるのか考えた途端、女の心は震え始めたようだ。


何が悪いの?
男は、女が寝室のドアに入った後に立ち止まったことを知り、彼の顔はやや見苦しいように見えた。女は彼女の頭を横に振った、彼女は自然に彼女が彼女の心の中で考えたことを男に言わないであろう、それはただ2つの間の情景をもっと当惑させるだけになるだろう。
「最初にシャワーを浴びるな、それ以外は何もしないでください。私は最初に片付けをするつもりです。」


女が終わった後、彼はすぐに中に入り、荷造りするふりをしたかった。しかし、朝になっても夜を過ごすつもりはなかったので、着替えをしたものも執事が用意していたので、尊敬して片付けをする必要があります。しかし、男は当然のことながらこの時点では嫉妬を解体することはできず、すでに恥ずかしい思いをしているので、彼はすでにそれを見ているので、女は一晩中彼を気にかけないだろう。!
「さて、最初にお風呂に行きましょう。眠くなったら休憩してください。」
男が終わった後、ためらうことなく、彼はトイレに直行したようです。
女が正面を数歩歩いた後、彼は明らかに彼が片付けるのに必要なものが何もないことを発見しました、しかし、男の答えを聞いた後、女は安心しているようでした。しかし、女は、男が位置していた部屋にもともとバスルームが備わっているとは思っていなかったので、男がバスルームに入ってから間もなく、女はそれを聞いたのです。浴室から出る水の音。もともとそのような水の音は珍しいことではありませんが、私が考えるとすぐに、男は浴室で風呂に入り、男がシャワーを浴びたときに出る音も水の音でした。落ち着きは落ちていません!

 

花嫁のさん新郎さんはどうですか?

男はシャワーを浴びて彼女の近くにいるので、想像してみれば、私の心の緊張を和らげることはできません。さらに、男がトイレから出ると、女が入るのがそれです。男の部屋のバスルームはいくつかのホテルほど透明ではありませんが、それは完全に閉鎖されていますが、魏さんはまだ少し変な感じをしています!
男で入浴する過程で、浴室の水の音が止まり、女の心の心が気絶するまで、女の心は混乱の中でこのように考えていました。男の風呂は終わった!彼はもうすぐ出ます!一瞬で、女は彼のハートビートが速く跳ね上がるのを感じたようです。私がトイレのドアが開いているのを聞いた瞬間、私の心の緊張は限界に達しました!もともと、彼女は男が洗濯を終えた後にシャワーを浴びるべきでしたが、彼女が入浴し終わったと思ったとき、男は自分の浴室の後ろの戸口に立っていました。
私の心の中で考えたのは、男、彼はシャワーを浴びていないで、バスタオルに包まれて出てきたことだ!実際、女は本当にもっと欲しい!どのように家政婦は彼らが彼らのために準備しないように彼らを手配することができます!それで、彼らが使うことができることはすでにたくさんあります。それで、男が浴室から出たとき、彼はすでにバスローブを着ていました!男も女が当惑するのではないかと心配していましたが、彼が出る前は、バスローブのベルトさえも完全に固定されていました。しかし、彼が出たとき、女が完全に無反応で、完全に彼の方を向いて座っていたとは思っていませんでした、たとえ彼がここで音を聞いたとしても、好転する計画はありませんでした。。

「小さいですか。眠くない、シャワーを浴び、シャワーを浴びて、そして休んでください!」
私が男の声を聞いたとき、女は当然それを無視することはできませんでした彼はゆっくり向きを変えて男を見なければなりませんでした。幸いなことに、

、男は床全体にバスローブをかけ、タオルを巻いて出てこなかった!女は安堵のため息をついたし、もう少し良く見えた。
「さて、私は今行きます。あなたが疲れているならば、休んでください!」
それは彼女がシャワーを浴びるのを待つのが最善です、男は眠りに落ちたので、彼女は心配する必要はありません、その時どのように男と向き合うか、起こり得る次のことと向き合う方法!
その後、女は男の反応を待たずに直接トイレに飛び込んだ。男は女の反応を見て微笑んで首を横に振った。自宅での滑り止め対策がうまくいかなければ、彼は本当に女を心配するでしょう、そして彼は誤って滑って自分自身に落ちるでしょう!


それは同じベッドで入浴するのに最も長い時間でしたが、彼女は男がバスルームの外の寝室に滞在していたと考えたので、女はシャワーの後に何をすべきか知りませんでした。彼にどう向き合うか。そうでなければ、外にいるかもしれない男は、自分がトイレに何か持っていると思っています。
何度も何度もすすいだ後、女はついに風呂を終えた。男のように、女が浴室から出たとき、彼はまたバスローブを身に着けていてベルトをしっかりと結びました。私がトイレのドアを開けたとき、私の心にはまだ少しぎこちなさがありましたが、男の外にはどんな状況があるのかわかりません。

少なくとも彼女はそれをまったく後悔しませんでした。

結婚報告。親戚に対して。しかし、バスルームから出て、テーブルに座って頭を埋めていた男を見た後、女の心の中の緊張は薄れていった。男は彼女がドアを開けたときでも、振り返っていない場合でも、何かに忙しいようですが、注意は彼女の側にはないようです、大丈夫!女は安心してため息をついたので、彼女はそれを心配する必要はないだろう!しかし、それは良いことです、なぜ彼女の心にはいくつかの後悔があるようです!彼女は何を後悔していますか?このとき、男はついに振り向いて、まだバスルームのドアに立っていたムースを見ましたが、彼の目はわずかに気絶して口を開け始めました。

「一時的なものに対処する必要があります。あなたが眠い場合は、休憩を取ってください!」
男が振り返った後、女は男の机の前でコンピュータを見ました。女はうなずいたが、彼女は男が突然対処するものを持つことを期待していなかった、そうでなければ彼女はトイレでそんなに長く待つ必要はないでしょう!しかし、今では大丈夫です、少なくとも、彼女はこの男に直面する必要はありませんね。女のうなずきを見た後、男は微笑んで振り向いたが、彼はすでに当面の問題に対処し始めたようです。

女は男が忙しくなり始めたことを知り、当然のことながら男に迷惑をかけないようにしましたさらに彼女は今少し眠くなかったので、静かにベッドに向かって歩き、キルトを広げて横になった。上がる寝具は新しいものと交換する必要があります、そして非常に新鮮な味がありますが、それは女に少し不快を感じさせるわけではありません。振り返って、まだテーブルで忙しい男を見て、女は突然、しばらくして男が忙しいと思いました、彼は彼女のそばに横になるだろうか?彼は彼女に何をしますか?しかし、女は実際には少し眠くて、たとえそのような問題が彼の心にあるとしても、周結婚相手の呼びかけには耐えられず、目を閉じて深い眠りに落ちるのにそれほど時間はかかりませんでした。
彼の後ろでさえ呼吸する音さえ聞こえて、男は彼の手でキーボードを軽く叩く行為を止めて、向きを変えて、そしてベッドを見渡しました。この女の子は本当に眠く見えます、そして彼女はとても早く眠りに落ちました!しかし、彼はベッドに気づかなかったので、自分の部屋には不快なことは何もなく、たとえ体なしでひっくり返ったとしても、彼は眠りにつきました!このように考えて、男の顔は無力を示しました。

は眠りについた後、女の静かな顔を見たが、男は助けることができなかったと思っていた彼が浴室からシャワーを浴びた後、彼は浴室をフォローして、彼から逃げているようだった。


結婚報告。親戚に対して。 花嫁のを見になった。 結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが