誰もこれを見ません。

ほこりがようやく落ち着いたという理由だけであります。

女は結婚相手が言ったことに耳を傾け、彼の言葉は終わってはいけないことを知っていましたが、湊の一時停止を見て彼女の会社はまだ一言で言うと彼女は幸せです。その上、彼女は今知っています、そして朝の広告と男の結婚相手の陽翔はそれと関係があります!家族に関しては、大翔の理由によるものですが、女の心は家族にとってやや恥ずかしいことですが、大と大に直面しても、彼女はそれを無視することができます!とにかく、会社レベルの協力は彼女に影響を与えません。

はただの問題です、どのようにして湊は彼女にこの種のことを彼女に話すために具体的に彼女をオフィスに呼ぶことができます!
私は、大翔が悠真のプロジェクトマネージャになり、そして先ほど述べたプロジェクトが大翔に責任を負うと述べたところです。彼らが状況を引き上げたとき、彼らが再び湊から大翔の言葉を聞いたとき、女の外観は少し過酷になり、彼は大翔がこのプロジェクトを担当していると聞き、そして大翔も彼らの会社に行きました。条件が提示されると、女の顔は醜くなりました。
どんな条件?
女の心にはかすかな憶測があるが、彼女は湊から決心するまで信じる気がない。女の外観を見た後、私の心は基本的に女と悠真の悠真の間に関係があるに違いないと確信することができましたが、具体的には、彼も推測しませんでした。
「相手方は、我が社が悠真プロジェクトチームに奉仕することを要請し、あなたを持たなければなりません!」

どのような場面があるのかを考えることができましたが

これが、女が早朝に会社に参入して大和の冷笑を聞いた理由です。同時に、湊は女が会社に到着したと聞いてすぐに女に電話をかけ、それでも彼はそれを個人的に電話した。彼が個人的に育てたこの少女にとって、湊の女への影響はまだ非常に優れていますが、彼は若くても、物事をこなすことに真剣に取り組んでおり、平日は非常に控えめです。前回男から称賛された後でさえも、私は新しい作品の中で態度の変化を見ませんでした。しかし、湊は女が突然悠真とこのような関係を築くことを期待していなかったので、すでに女についてある程度理解していたのでなければ、悠真の要件を聞いたのかもしれません。その後、私は女は家族のバックグラウンドにいて、会社で特別になりたいと思っていると思います。湊の声は衰えたばかりで、女の顔はますます醜くなり醜くなった。
夏グループでは、このような決定を下すことができる、私は唯一の大翔、そしてちょうど湊も大翔が今家族の部長であることを本当に言及し、このプロジェクトは担当者です!しかし、女はいつも結婚式で行われた最後の事が大翔が理解するのに十分であるべきであると考えました、しかし大翔が愚かな決定をすることを期待しませんでした!彼が何を考えているのか、彼女をプロジェクトチームに参加させてください。彼女が彼と一緒に再出現するだろうと彼が本当に思ったのは難しい!彼はそれについて考えさえしていませんでした、彼はすでに悠真と結婚した人でした。
さらに、どのように大翔がそれを行っても、女は彼の決断を変えないでしょう!彼女と大翔との間には、まったく関係はありませんでした。
「ねえ、私はあなたが何を意味するのか理解しています。私はこのプロジェクトが会社の発展にとってもっと重要であることを知っています。」


結婚式の花嫁を借りている言葉は単なるおしゃべりな話しでした

女はまだ湊にいくらかの感謝の気持ちを持っています彼女はしばらくの間会社にいました。この種のこと、湊はそれを完全に決めることができます。結局のところ、彼は次の人たちです。配置はそれではありません!

しかし、そうであっても、湊は最初に女に電話をかけ、女の考えを尋ねましたが、一方で女と大翔の関係についてはかなり興味があるかもしれませんが、他方では。また、湊が優れたリーダーであることを証明するのに十分です。
湊は、自分が自分のアイデアを求めていると直接言ったのではなく、そのような大きなプロジェクトを修正したなら、全社がそれを知っているはずですが、今はそうではありません。発表、つまり、この協力はまだ決定されていません。女はまた、湊が彼女に尋ねるようになったが、彼女がこの不本意を言ったので彼女は家族を拒むべきではないことを知っています。結婚相手は結婚相手の陽翔によって買収された会社ですが、結婚相手の陽翔も平日にそれを引き受けるでしょう、しかし、もし会社が発展したいのなら、それはそれ自身のグループに限定されるべきではありません。家族の協力は、結婚相手の宣伝にはまだ非常に重要です。


狂人は命を払っていません。
その理由は何ですか?

女が言う言葉に湊は驚いているようであり、彼が彼が大翔について話すとき女の顔が変わるのを見るとき彼はまたいくつかの考えを持っています。そう、女と悠真の悠真の関係について何かあるはずです。しかし、このように考えて、湊はわずかに眉をひそめて、そして彼は女についていくぶん楽観的でした、しかしその大翔は、彼が家族の娘と結婚したばかりだったので、彼はそうすることができました若くて経験がなくても、彼は家族の中でとても重要な立場にあります。
湊は女と大翔の間で何が起こったのか知りませんが、大翔の状態で、彼と何が関係しているのでしょうか。それは正しくないようです!湊は女を見て、彼女の答えを口から聞きたかったのですが、彼はそれを望んでいませんでした。彼女と大翔の関係は大きな秘密ではなかったが、彼女は他の人々の前でそれを言及することを望んでおらず、さらに同社はもともとドラゴンやヘビと混ざっていた。私はそれを経験したことがないというわけではありません。

相手方の尊敬を感じましたが


「ああ、これは私の個人的な問題だと思います。あなたが今述べた仕事の取り決めに関しては、私はすでに私の決断を述べました。会社には非常に多くの同僚がいます。」

「女、これはあなたの個人的な問題ですが、今では会社のビジネス上の問題に関係しています。結婚相手の従業員として、会社がそれにお金を払うのは問題です。要件を検討します。」

もともと、彼は彼の部下たちに同情を表明したが、彼は彼と協力しなかったが、彼は少し無知だと感じた。今すぐ!それが言われたときに考慮されるだろうが、女は湊の顔に不満を見ました、しかし結局のところ、それは女に肯定的な答えを与えませんでした。しかし、彼女は現在会社のインターンであり、そしてそれをどうやってやるかを尋ねるのは難しいです!女が立ち上がって退社するのを見たとき、湊の心には耐え難いものがいくつかあるようでした。女の裏側を見ると、話すことしかできませんでした。
「女、あなたは頭がいい女の子です。大翔は今家族とは非常に異なっています。あなたが以前どんな関係を持っていても、将来的には、あなたはより良い何かをする方が得策です!」


女が彼の前で説明しなかったとしても、彼女がそのようなことをしたので大翔をさせることができる、どうして湊は何も考えないことができる!しかし、彼は良い女の子女を見たくないし、そのような嫌なことに関わってはいけません!もちろん、もし女が本当に彼が思っている通りであれば、相手方が自己批判的であれば、当然彼は責任を負いません!湊の言葉が女の表情を変え、そして確かに、湊でさえ彼女と大翔の関係を誤解していた!これが大翔の目的だと言えるでしょうか。彼はまさに何をしたいのでしょう。
「やあ、ありがとう、あなたは私がこの問題をうまく処理すると安心することができます、そしてそのようなことが起こることはないでしょう!」


以前の湊は、女に少しの間不快を感じさせるようにさせました、しかし彼の言葉は女に暖かい心を感じさせました、実際には、彼女もラッキーです!彼女の初めてのキャリアのために、湊は本当に良いリーダーです!大翔の場合に関しては、女は間違いなく解決策を見つけるでしょう、そして結婚相手が考えることは絶対に不可能です!しかし、このようにして、私は女が必然的に大翔と結婚相手のに会わなければならないことを恐れている、このように、女さんが湊のオフィスから出たとき、彼女の顔はあまり見栄えがよくない。誰かが知っている、数ヶ月前に良く見えた人々、そして今や彼らのうちの一人はとても迷惑になっている!

「むー、あなたは元気です、監督は何を求めますか?」
李魏は、結婚相手の寧の事務所から女を見たが、彼の顔はあまり良くなかった。彼女は本日早く会社に来て、いくつかの噂を聞きました。実のところ、そのようなことに遭遇するのはあまり楽しいことではありません。大和に切り替えて、私はそれを誇りに思っているかもしれませんが、それはどのように悪い気分のように見えますか?


どのような場面があるのかを考えることができましたが それでなぜ彼女は 女がそれを推測することができないように