花嫁の

一見熱狂的な謝から遠く離れたと言った。

結局のところ、彼は賞賛することを約束し、彼女を尊重し、彼女に何かをすることを強制することはありません!部屋に戻ると、冷たいシャワーの後、男の感情はゆっくりと落ち着いて、女の部屋で二人の間の雰囲気の変化を考えると、男はまだ助けることができなかったが、まだ無力を持っていました。この女の子はいつ彼を拷問するのかわからない!翌朝早く、この2人は暗黙のうちに、昨夜は触れていませんでしたが、女の中心にパスワードの説明が必要なものがありました。彼女はどうしてもしない、なぜ彼女は大翔がそうしたいのかわからない。
ちょうど、この問題に言及して、それは最後の夜に、当惑を避けるために言及されるでしょう、女は単にとにかく何も言わないでしょう、とにかく、男は彼女を信じるべきです!しかし、二人の間の沈黙は車が階下の新しい会社で止まるまでしか続かなかった。車が停止した後、女は密かに彼の周りの男を見て、彼には何も言うことがないようだと思った彼はこんにちはと言って、降りる準備ができていた。しかし、女がドアを開けてバスを降りようとしていたとき、男は彼の側にいた女の腕を取り、すでにわずかに調べられていた銃口を引き戻しました。なんで、ちょっと。。。。。。女は男に何か問題があるかどうかを尋ねたかっただけでしたが、彼女は向きを変えるだけでした彼女が話を終えなかった場合、彼女は男に引き継がれて話す機会を得ました。
男、彼は彼女にキスをした、そしてまだ彼女の会社の階下にいる!窓の外側から内側を見ることはできませんが、この気持ちはまだ少し恥ずかしがり屋で恥ずかしい気持ちにさせてくれます。さらに、なぜ男は突然彼女にキスをしました!キスやキスは好きではありません。ただキスしてください。


結婚式について心配しているなら

女の考えは正しかった、キスとキス、それは確かに習慣です、少なくとも今、男への彼女自身のキスは、それがますます慣れつつあるということです!昨夜の夜のことを考えた後、男は彼に賞賛を強いることを望みませんでしたが、彼は彼が彼と結婚相手の間に少しの距離を保つことがまだ良いと思いました。しかし、午前中に女の人々を見た後、彼の心の考えは突然崩壊しました!女が登場した後、彼の視線を女の体から外すのは難しいでしょう。彼が女に行ったとき、彼は女に近づくのを待つことができませんでした男でさえなぜ彼がそのような覇権主義の考えを持っていたのか知りませんでした。一生の間あなたと一緒にいた人々、それで賞賛の気持ちがあっても、それはもう少し忍耐強いです!


婚約者の結婚相手が彼女が窒息させようとしていると感じようとしていたとき、男はついに彼女を手放して新鮮な空気を再吸い、そして突然彼女がまだ生きていると感じました、本当に幸せ!男は、呼吸を激しくしていた女を見ましたが、少しだけ微笑むことはできませんでしたが、息を変えたいのかどうか知りませんでした。あなたはついに減速しました、そして、女は彼の頭を向けて男をちらっと見ました。彼女が会社の同僚から見た場合、彼女の顔はどこにあるのでしょうか。
「すみません、私は自分を助けることができません!」

男は彼の傲慢さと笑い声の賞賛を見ましたが、この種の賞賛は通常の賞賛とは多少異なるようです!おそらくこれが女の本質です。助けられない!彼は実際に彼は自分自身を助けることができないと言った!助けることはできないが承認を求めることはできないし、それがどこにあっても、彼女はこのように彼女にキスをすることができますか?また、これは初めてではありません!

ただ言葉を言って

それを拒否する時間がなかったので、それは難しいです、そして、彼女はその後怒ることさえしなかったので、男は彼がいつもこんな風になることができると思いましたか?たとえ彼女がそのようなことのために本当に腹を立てなくても、どうすればこれを行うことができますが、男はいつもそんなに突然攻撃されることはできません!そして、まだそのような場所に!女は彼の心をなめながらそれについて考えました、そして今、そこでの殴打は減速していません!女は何かを言いたかったが、彼女が彼女の隣にある男を見上げて見たとき、彼女はずるい顔で自分の目を見ていた男を見た、そして彼女がそれを言いそうになったとき、彼女はそれを返した。
そのような男を見て、女は何かが不快であるならば、どうしてそれを言うことができないと突然思いましたか!それをするのは難しいです、彼女は本当にこのようになりたい、男、死ぬことができないのですか?
ちょっと?
心臓はまだ天国で戦っていました、突然男が彼女を呼んでいる声を聞いて、すぐに彼女の頭を上げて男を見ました、もう一度男の笑顔を見ました。男は突然ゆっくりと焼き上げられた女のように見えました、それは彼が本当に女を本当に怖がらせたということですか?彼は本当に女を前もって思い出させたいのでしょうか。しかし、その時点では、彼は本当に手助けするのが難しいです。

「あなたが上がっていなければ、遅れるかもしれません!」
男は時計の時間を見て微笑んで女に言った。彼は女としばらく車の中にいたがっているが、遅刻したくないはずだ。
ああ、いや!
女は、男の声に突然目覚めたように見えますが、男の手を直接引っ張って向こうの手を無視しても、男の手は自分の時計のディスプレイを見ています。時間です。
「神よ、本当に遅く、私は最初に行きますよ、さようなら!」

男の時計に表示されている時間を見ると、仕事の時間からほんの数分の距離にあり、すぐに荷物を拾い、降りる準備ができました。仕事に遅刻するのと比べて、他のことはそれほど重要ではないようです!彼女が男に尋ねることを計画していたものでさえも、女によって完全に放棄されました。男が女を見てバスを降りた後、彼は戻ることなく正面の建物に飛び込み、笑うしかなかったので、女に引っ張られたばかりの手を見下ろした。

その1つが大翔であることは言うまでもなく

女はすでに去っていますが、彼の腕にとどまるという彼女の感覚はまだそこにあるようです。これは女にとっては初めてのことのようであり、彼は彼の周りで少し快適ですが、他にも理由がありますが、それはまた改善です。さらに、男にとって、この種の進歩は、彼がとても気に入っています!私の目の前には運転手がいますが、男と女に殴られたくないので、女の出発後、ゆっくりと口を開けました。女は砂漠を離れて仕事に出かけたばかりだったが、彼はそれを見た。母親の妻として、あなたが仕事に遅刻したくないのであれば、彼らが一文の世話をする限りそれは違いますか?

いや、好きにさせろ!
女が会社で何かに遭遇したように見えたが、男は首を横に振ったが、彼は女がまだその仕事を非常に重んじていることがわかりました。とにかく、彼がそれを好む限り、彼はそれを確実に支持するでしょう。もちろん、その前提は彼の女性が他人にいじめられないということです!男がこれを言ったので、結愛は他の考えを自然に持っていません、しかし、彼の心の中で、長い間別の考えは埋められました。

「他に何を言いたいですか、それについて話しましょう!」
男はこのように結愛を見ているので、言うべきことがあることを知っているので、彼は結愛を運転させるのを急いでおらず、彼が終わるのを待っています。

とにかく、女は彼のすぐそばにいることを知っているかのように、彼の心は暖かいので、彼はそのようなしばらくの間急いでいません。彼が男がこれを言ったと聞いたとき、結愛は他を気にせず、サソリを片付け、そして彼は直接話した。

「それはそれほど重要なことではないが、私が運転手としての役割は何もないと思うが、今度は男には妻がいないので、この電球であり続けるべきではないか。」

「」
冗談です、電球以上のものです!私が男と女と一緒にいるたびに、結愛は彼がいつも犬に虐待されていると感じています!彼らは甘くて甘いですが、彼はまだ独身の犬です!彼はまた愛を見せたい!
男は結愛が急にこれについて話すことを期待していなかった、結愛はその位置の彼のアシスタントであるが、結愛も多くのことを経験した人々を伴っているが、結愛を運転席で見上げた、男の心の中で、結愛は普通の部下として扱われていません。もちろん、結愛の心の中でも同じことが言えますが、そうでなければ、10の勇気を出して上司の前でそのような言葉を言わないでください!

行け!

ああ、そうですか
チュ・ユエは失望し、表情が取り戻されたグー・ユチェンを見たが、当初はグー・ユチェンの口から何かが聞こえると予想していた。それでは、彼が言ったことはどうなりましたか。
「そうでなければ、あなたは何をしたいですか、あなたはあなたに長い休暇を与えたいですか?」

「長い休暇を取ってみましょう。さて、私は長い間休暇を取っていませんでした。ずっとあなたに虐待されたくないのです。私は事件を見つけるために休暇を取らなければなりません。私が結愛を聞いた時、男は冷たく鼻を鳴らしていました。


スカムマンはまた悪魔でなければなりません。皇帝が車から逃げた後、彼は広告が最も速い速度で置かれていた床に行き、彼は仕事の最後の瞬間にカードに駆けつけた。
「電話しなさい、しかし私は遅れていない!私はあなたのせいです!」


結婚式について心配しているなら 結婚の脱線は 結婚の脱線は