結婚式を数日間バックに延長することにしました。

花嫁になる準備ができている必要があります!

女がカードを攻撃した後、彼は会社のドアの前に立って安心のため息をついたので、男は不平を言ったと思ったが、この文章は車の中で何が起こったのかを考えるだろうと言っていた。円の中の赤。こんにちは、なぜ彼女はもう一度それを考えたのですか、それは残念です!それは彼女が男の3つの法律の章と関係しているに違いないと思われる、そして彼女はいつも彼からそれほど突然攻撃されるべきではないので、彼女は毎回準備ができていない!このことを考えた後、女は決心し、今日の仕事の後帰宅しました。
まあ、それだけです!
それについて考えた後、女は立ち上がって会社のドアの中に入り、そして彼の部署の方に向かって歩いた。
女は、彼女が現在男の前にいること、または男の問題に直面していることに気づいていないかもしれません。彼女は最初のけいれんを起こしていませんが、より多くの感情を持っています。男が知っているなら、私は私の心の中でとても幸せになるでしょう。しかし、今は気づいていないようです。特に彼の部署の分野で、会社に入った後、女は再び彼女を投げている同僚の目を感じ、そして多くの深い意味を隠しました。これはまた別のことですか。
昨日、劉の悠真のアシスタントが彼女を探すようになったのですが、今日誰かが彼女を訪ねる必要はありませんか。女の眉毛は少しきつく、彼の顔は少し見苦しいです。女は一生懸命働くことを望んでいる。しかし、男の朝の後、彼女はあまり平気ではなかったようです!女はため息をついた、当然のことながら、男を非難することはできません、結局、最後に男が来ただけでなく、彼女のために、残りのことは、男とは何の関係もないようです。行こう!


花嫁の

こんにちは、今日、これは彼の席への女の到着であり、彼は龍之介に何が起こったのかを尋ねようとしているところです。しかし、彼女の言葉は終わっておらず、彼女はやや鋭い声でさえぎられていた。

「女、私はそれを言います。昨日、私は悠真の議長とは何の関係もないと言い続けました。私は感情について誤解しています。あなたに関連するものは他の人です!しかし女。、人々の結婚を破壊する、しかし真実は寛容ではない!夏の家族はあなたが一致させることができるものではない、あなたは自分でそれを行うことができます!」
大和は無礼な表情で女を見て、まるで彼が軽蔑された物を見ているかのように女の目を見た!女は大和をこのように見ましたが、私の心は本当に無力でした。
彼女はただの大企業です、彼女はやって来て彼女を数えるでしょう、彼女がやってくるのを待っているのではないでしょうか?彼女は退屈している、または退屈だと言ってください。まだ退屈だ!しかし、大和の言葉の意味は何ですか、彼女はどのように結婚を破壊することができますか?このようなことが彼女にどうして起こるのでしょう。しかし、大和は女に彼に立ち向かう機会を与えなかったので、女へのそのようなパスを言った後、彼は将軍に満足していたようである。彼の周りの人々は賞賛の立場を見ました。女は龍之介に尋ねる準備をしたが、言葉はまだ終わっていないので、当然のことながら、龍之介の答えを待っていなかったので、周囲の雰囲気が何らかの変化を生み出したように感じます。彼女はまさに何が欲しいですか?

婚姻に彼に知らせることができます。

何度も何度もこのように見えていたので、女は自然に立ち向かうことができず、大和に質問したかったのですが、現時点で彼女の後ろに立っていたのは大和ではないと思っていました。
「ねえディレクター、それはあなただ!」
女が振り向くと、彼女は自身の監督である湊が彼女の顔に笑みを浮かべて後ろに立っているのを見ました。特定のプロジェクトはチームリーダーに引き渡されていますが、たとえ何かがあったとしても、チームリーダーは通常直接オフィスに行き、彼に報告します。
急に部内のインターンの前に現れたのですが、一見すると、他の人が何かを持っているのを見つけることなのですが、それが湊にとってはめったにないことです。彼の顔は少し変わった。しかし、女にとって、颯真が突然発見されたのは初めてではありません。さらに、それは彼女が最後に湊によって発見され、彼女のために仕事を手配したことが彼女の労働生活を大きく変えたことが原因であったようです。

それは、それが湊のためではない場合、それはその時に悠真に行かないであろう、当然それはそこに悠真と会うことはできないし、彼女の仕事の後、そこに男を知るためにそこにはない調整されない、理由もなくリーダーと大和に挑発されることはありませんが、女は、結局、女のために、男に会った前に起こったことを後悔していなかっただけでなく、悪くない物事、そして彼女の人生で大きな祝福であると言うことができます!女、ちょうど私があなたを探しています、私と一緒に事務所に来てください。湊は彼の周りの人々の目を気にせずに女を見ただけでうなずいたが、その後、彼は女がフォローアップするのを待たずに、事務所に向かって戻った。女さんは、彼女がやってきたとき、ただ彼女に事務所に行くように頼みたがっているとは思っていませんでしたが、彼女は結婚相手の事務所に行った後に何が起こったのか知ることができたに違いありません。
それで、女は彼の手にものを置いて、そして彼女のことをさておき心配しているように思われた、しかし彼は龍之介がうなずいてそして彼のオフィスに彼に続いたと言うために少しの言葉も持っていませんでした。
「ねぇ、今日は保健省の部長がすごく優しいようだし、火はないと思う?」


「ええ、私たちがそれを見たとき、缪監督が個人的にやって来て、人々にやって来るように頼みました。何かを持っている人を本当に探しているなら、直接電話をかけるのはお勧めできません!ああ、それは簡単じゃない!」

「そうだね。今日の噂はない、と聞いたことがある。大和が女の言ったことを見に来た直後の8つの成果は、これが理由だ!」

「何が問題なのか、私にはわかりません。それについてお話しましょう。」

ああ、そうだ

結婚することを約束した後

李魏は眉をひそめて周りの人々のゴシップを聞いたが、何人かは女がスイーニングに従った方向を見ていた。女は湊に続いて彼の事務所に入り、事務所のドアに座るだけだった女は、直接湊の口からの文章を聞いた。
「女、悠真の大翔との関係はどうですか?」


スカム男性は悪魔でなければならない2
「女、悠真の大翔との関係はどうですか?」

湊は女を見て、彼の顔から、彼は彼がこの問題についてどのような態度だったのか分からないと尋ねた。シェン飛陽、突然のディレクターはどのように突然彼女の突然の飛行について彼女に尋ねることができますか?女は彼の心に疑問を抱き、そして彼の顔は見栄えがよくありませんでした。そうでなければ、どのように湊は大翔のものが本当にこのようなものであれば、それは彼女がここに安心してここで仕事をしたいと思っていると推定される!これらの人々、あなたはまさにあなたが欲しいものです!ラオはいつもいい気分です、そして私の心は怒りに満ちています。
「何が問題なのですか?この質問に問題はありますか?」
湊は、彼が自分の質問に答えなかったこと、そして彼の顔が少しひどすぎると感じたことを知りました。
彼は自分の言葉があまりにも簡単すぎることを知っていますが、彼はより良い手配をすることができる前に、最後に何が起こっているのかを把握したいと思います!女が湊を聞いたとき、彼の顔の見た目は再び変わりました。湊の反応は想像したものとは多少異なると彼女はどう思いますか?それが本当に会社に来るのが本当にそれらの人々であるならば、湊はそのような反応であるべきではありません!彼女がただ間違ったと思ったのでしょうか。

「ねえ、私は尋ねることができます、なぜあなたは私にそのような質問をしますか?」
湊は彼女に大翔の事情について尋ねるように頼むでしょうそれは確かに原因の問題ですが、それはまさにこのためであり、女はまだ知りたがっています。
「また、私はこのようにお願いします。あなたは間違いなく非常にぎこちない感じがするでしょう。これは事実です。家族は彼らの従属服ブランドが最近商品の新シーズンを進水させたことを知っています。私たちの会社もその時に入札に参加しました。私たちはこの2日間で返事を受け取ったばかりで、相手方は私たちの会社を選びました。」
私がそれについて話すとき、私は少し休止して女を見ましたが、女の外観が変わるかどうかを見たかったようです。
「これはいいことだ、監督におめでとう!」


花嫁の それでなぜ彼女は 彼女は前もって準備さえしませんでした。