結婚の脱線は

それでもムハオには満足していますが

龍之介の考えは単純だったが、悪い方向には考えなかったので、会社に来てからそれほど時間はかからないと思ったので、そのようなプロジェクトに参加する機会があったことは間違いない。夏グループがなぜ彼女がこの人を賞賛したいと示しているのかについては、彼女はそれについてあまり考えていません!しかし、龍之介氏は龍之介氏の事業についてあまり考えていませんでした。彼女が会社に入ったとき、女は彼女のシーンについて考えました、そして、大和は彼女を怒って見て言った、そのようなアイデアを持っている多くの人々がいるはずです!
彼らはいくつかの現象に不満を感じるでしょうが、時には人々はこのようなものです、しかし深く、彼らはまたそのような条件を持つことができるでしょう!
大丈夫だ、安心。
女は龍之介で首を横に振って微笑んだ。私は、龍之介を除く全社のほとんどの人が、彼女のことをもっと心配することはないと思いますが、彼女が今直面していることです。
女、監督を拒否しないのですか?


女がそれを推測することができないように

龍之介が女の顔を見ましたが、重要な作品を引き継ぐことが本当に嬉しいとしたら、どうすれば彼女の現在の顔になることができます!そして今女の反応は、李魏はそのようなアイデアを思い付くことを思い付くことはできませんでした。神様、この機会に、他の誰かにとって、私は幸福が遅すぎるのではないかと恐れています!女は本当にそれを拒否することはありません!女はうなずいた、彼女は拒否したが、知らなかった、そして最後にどのような決断が湊によってなされるのか!神よ、あなたは本当に……それをしたくないのなら、私にチャンスをください!実際には、あなたはそれを望んでいません!おお、しかし私が意味する、私には数セントがある、そして私はまだはっきりしている、ハハ!
しかし、女さん、朝にこの問題について聞いた後、大和がどのように醜い状況になったのかわかりませんでしたが、彼女に変更されれば、次のステップ、今は会社全体がよく知られるようになります!あなたは彼女が夢を見る機会があれば、彼女はそのような控えめな表現で拒絶されるだろうと言った、彼女はどう思いますか!彼がこのことを知っているとき、彼は大和の出現を想像しているようですが、女を引っ張っている間龍之介は言いました。


花嫁の煜辰に関連するでしょう!

精神的な死は人生にお金を払わない2李魏は大和の反応を想像しているので興奮している、しかし待機している女は大和の考えにあまり興味がない。女にとって最も重要なことは、大翔が作った壊滅的な蛾を解決することです。周結婚相手がどのような考えになるかに関しては、実際には、それは彼女とは関係ありません。もともと、同社と家族との協力などのプロジェクトに参加できれば、女はもっと多くのことを学ぶことができるようになるでしょうが、女には確かな魅力もありますが、それは大翔と提携する必要がある場合そのような機会はありません!機会は、今だけでなく、シェン飛陽、彼女は彼との交絡を持ち続けることを望んでいません!

しかし、悠真との結婚のため、大翔は、卒業していないときは悠真の中級レベルのアイデンティティを持っており、悠真プロジェクトのためにそのような決定を下すことさえできています。うらやましい!しかし、女は最後の結婚式を経験した後、大翔がそのような露骨な方法で彼女を見つけることすらないとは本当に思っていませんでした。夏家族はこのように彼を容認することができますか?それ以前の大翔の5000万回のレッスンのレッスンでは不十分ですか。私は大翔とは何の取引もしたくありませんが、女はこの問題を十分に解決することを恐れていますが、大翔を見つけることしかできないので、自分の要求を取り下げることができます。しかし、彼の意思に反して大翔に行く前に、女は湊によって決められていて、驚きました!
彼女は元々、湊が悠真のプロジェクトと悠真によって提案された要件を直接発表し、そのような結果の影響を彼女にプッシュすると考えていました。また、新しい結果が出る前に、プロジェクトが家族の要件を一時的に隠し、参加プロジェクトのメンバーは当面は公開されないことを発表しました。しかし、女は、湊の最終的な選択が家族との協力プロジェクトを直接発表することであるとは考えていませんでしたが、発表されたプロジェクトメンバーのリストには、そのような名前はありません!言い換えれば、湊はプロジェクトを引き継ぎましたが、大翔・結婚相手が参加しなければならないという要求を受け入れませんでした!

婚約者の愛氏の外観を見て寒かった。

女は、どのようにして湊が悠真や大翔と通信したのか、あるいはこのことに合格しなかったのかを知りません。湊が以前彼女を誤解していたのかもしれませんが、現在、湊のこの決定は、湊に対する女の感謝の気持ちを湊の誤解を完全に覆い隠しています。
「女、あなたはあなたが拒否したことを以前に私に言った、私はまだそれを信じていない、私はそれを期待していなかった、あなたは本当に拒否した!」
女は大和が以前冗談を言っていたと言っていたが、彼女はまだ少し冗談を言っていたが、それは冗談かもしれないが、湊が発表した今、それは釘付けの問題である!女は実際にそのような良いパイを拒否しました、それは横暴すぎです!

いつだまされたのですか

「つまり、あなたは本当に私に嘘をつきませんでした。おい、大和がやってきたようです、女、あなたは注意する必要があります!」

龍之介が言ったとき、彼は彼らの側に、特に女に向かって来た大和を見ました彼女が想像していたのと同じくらい醜い顔でした。まだ醜い!女は龍之介の思い出しを聞いた、そして彼女が見上げるとき、彼女はすでに彼女に来た大和を見た。大和は怒りの顔を見て、とても無力です、大和は毎日会社で何の関係もないと言うことができますか?彼女がここで何気なく何が起こることができますか?大和は彼女が知っているより速く知っています。クリア!なぜ彼女はこのように彼女をターゲットにしたかったのでしょう。彼女は自分のことをする必要がありませんか?
「婚約者の結婚相手の、どうしたの?」

調子で、大和は彼女が彼女自身ほど良くなかったと言いました。とにかく、大和の醜い顔を見てくださいあなたが来たいのなら、あなたは何も良いと言うことができないはずです!私が女の言葉を聞いたとき、もともと醜かった大和は、まるで彼が浪費することができる何かを最終的に見つけたかのように、突然、こっそりと見た目を変えました。
「何もしなければ、どうしてあなたのところに来られないのですか」

「もちろん、違いますが、私は婚約者の結婚相手の能力を活かしたいのです。時間を無駄にするために何もしてはいけません。」

「ああ、私は本当にあなたに尋ねる何かがあります。あなたは知っておくべきです、家族の協力条件の元の条件は何ですか?」


女がそれを推測することができないように 誰でもそれを言うことができますが 誰でもそれを言うことができますが