子ども不在の詰め込み主義になっているだけにその結果

子どもから返ってきた答はあの子

動物だって仔がにくいはずはあるまい。将来の生存競争に生き残るには、親の手によって試練を与えなくてはならない。獅子はそのことを本能で知っている。万物の霊長である人間の親に獅子ほどの知恵もないとあってはとんだお笑いである。付属学校へこどもを入れて得々としている親たちは頭を冷してよくよく考えていただきたい。もっとも、付属学校がいけないのではない。谷底へ落とされたら足腰のたたなくなってしまうような子なら、しっかり腰がすわるまでは、温室のようなところにいるのもよいしかし、温室から外へ出れば、たちまち何でもないのに風邪をひくようなことがないようにしておくべきだろ苦しいこと、いやなことを乗り越えることで人間は成長して行く。そこに思いをいたせば、山中鹿之助ならずとも、われに七難八苦を与え給えと言いたくなるはず。入試の失敗はむしろ喜ぶべきこととなる。人生において一度も失敗したことのないような人とは友だち付き合いがしにくいものは考えようである。

  • 幼児に対するしつけも行い
  • 子どもと対等にやりあっちゃうことはあるでしょうもう
  • 幼児たちが身につけなければいけない能力だと思います

 

育てはお母さん一人がしなければならないこと

LINEやメールでは相手の顔が見えません。脳の神経ネットワークは使わなければ退行してしまいますし、経験を積み重ねなければ表情から相手の心を読み解く頃は困難になってしまいます。文字だけのやり取りでは、相手が本心を言っているのか、建前で言っているのか分からないのです。コミュニケーション能力の低さを知る簡単な方法があります。初対面の人と話す時に、相手の目を見て話しているかを見れば一目瞭然です。
しつけ思想であるもし

人間の情報伝達で、最も大きな役割を果たしているのは顔ですので、本能的に顔を見ようとするのです。しかし、表情の読み取り能力が未発達であれば、脳が情報を処理しきれずにパニックになってしまいます。その為、パニックを避けるために無意識に視線を外したり、下を向いて話したりするのです。また、メールを出して直ぐに返事が来ないと不安になってしまったり、LINEで既読になっていないと腹が立ってしまうのは、閨係の途絶に対する不安なのです。また、多くの人と繋がろうとするのは、「見えなくても存在する」と言う認識が薄く、友達と言う存在の現実としての感覚の低さによって、「見えなくても存在する」そうした能力が未発達な子供に携帯やスマホを与える事は、そうした能力の習得を阻害するだけなのです。と言う認識が弱いのです。

 

教育の宣伝に踊らされて

人の役に立ちたい、人の幸せが自分の幸せ。やるからには誠意を尽くす子だからです。アシスタントって言ってみれば黒子です。他のタイプがやっても続かないことがあります。校のマドンナ先生の手伝いには、元気な男子が数人立候補していました。けど途中で行かなくなったようです。

「休み時間に来て、ラジカセを持って行ってくれる約束じゃなかったですか?「やめただって先生、結婚するんでしょ」(←理由はそこかい)ほっこりさんなら、雨が降ろうがヤリが降ろうが裏切りませんよ。どうやってアシスタントにしてもらえばいいですか、って^自分でアピールできない子なら、年度初めに渡される調査票に書いてはいかがでしょう。のサポートが得意です。先生の手伝いでしたら、喜んでやるはずです」と。先方にもメリットのあるお願いなら、採用確率アップです。じっくりさん···「博士」電車博士くるま博士。